ジヒドテストステロンはコレステロールが原料として使われるの情報ページ

ジヒドテストステロンはコレステロールが原料として使われる?

ジヒドテストステロンはコレステロールが原料

コレステロールが原料となっていて、若い男性であれば一日に7mg程一日に作られていると言われています。

 

テストステロンは髪の毛を太くする効果があると言われていますが、ジヒドロテストステロンは髪の毛には悪い影響を与えます。

 

体内で生成されるテストステロンの量が足りなければジヒドロテストステロンが作られるので、年齢を追うごとに体内のジヒドロテストステロンの量はどんどん増えていくでしょう。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を妨げる効果がある成分であり、脱毛の原因の9割以上だとも言われている物なのです。

 

テストステロンは体にとても大切な成分です。

 

性欲や精子形成を助ける力を始め、骨格や筋肉の成長を行い、やる気と行動力も作るために必要だと言われているのです。

 

ジヒドロテストステロンは、余り良い働きをしません。

 

テストステロンの変わりの役割はありますが、薄毛の進行の他に、前立せん肥大や体毛の増加、精力減退等に影響するそうです。

 

男性らしさの為に必要な成分ですが、薄毛対策をするためにはジヒドロテストステロンを現象させる必要があるのではないでしょうか。

ジヒドテストステロンはコレステロールが原料として使われる 記事一覧

ジヒドテストステロンはコレステロールが原料として使われる 先頭へ戻る