加齢臭とストレスの関係の情報ページ

加齢臭とストレスの関係は?

加齢臭とストレス

加齢臭とストレスに、因果関係があると言われても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。しかし、加齢臭とストレスとの間にも、実は大きな関係があるのです。

 

人は、ストレスを受けると、体内に活性酸素が大量に発生するといわれています。この大量に発生した活性酸素が、汗腺のそばにある皮脂腺から分泌される、バルミトオレイン酸とよばれる脂肪酸を酸化もしくは発酵させます。

 

その結果、加齢臭の原因物質である「ノネナール」が生成されることとなるのです。

 

「加齢臭」とよばれるのは、その名の通り、年齢を重ねるとともにこのノネナールが多く発生することに由来します。

 

人は若いころは、代謝が活発であるために皮膚の老廃物や分泌物などはすぐに排出されます。

 

しかし、年齢とともに代謝機能が衰え始め、この老廃物などが蓄積されるようになります。そのため、加齢臭が発生しやすくなります。

加齢臭とストレスの関係 記事一覧

加齢臭とストレスの関係 先頭へ戻る