化粧品の量を調節して正しい保湿を心がけるの情報ページ

化粧品の量を調節して正しい保湿を心がけましょう

化粧品の量

蓋の役割をしてくれるのは乳液やクリームですが、オイリー肌だったりインナードライ肌だったり、夏場など汗をかきやすい時には乳液やクリームが肌に重たいのでつけないという方も多いようです。

 

ですが、肌がどんな状態であっても、化粧水や美容液で与えた成分は浸透するまでに時間がかかるので蓋をしないと蒸散するので効果がなくなってしまいます。

 

ですので正しい保湿をするには、量を調整してべたつかないようにするなど工夫しながら、きちんと蓋をしてあげましょう。

 

もしどうしても肌に負担を感じるようでしたら、保湿成分がたっぷり入って乳液やクリームの機能がついているオールインワンゲルを使うのもいいですね。

 

いずれにしても乳液やクリームの油分は保湿には欠かせないものですから、自分の使い心地が良いものを見つけて、正しい保湿をしてください。

化粧品の量を調節して正しい保湿を心がける 記事一覧

化粧品の量を調節して正しい保湿を心がける 先頭へ戻る