ターンオーバーが低下するとニキビが出来やすい?の情報ページ

古い角質がニキビの元になりやすい?

古い角質

ターンオーバーが低下すると、新しい肌細胞の生成が遅くなってしまい、肌の入れ替わりのサイクルが乱れるので古い角質が残ってしまいます。

 

古い角質は毛穴や皮脂腺を塞いで角栓を作り出す原因ともなり、毛穴が塞がれると皮脂だけではなく排出されるはずの老廃物まで詰まり、ニキビを発生させてしまうのです。

 

このように、間接的ではあるものの、睡眠不足は大人ニキビを引き起こす要因となってしまうので大人ニキビの予防に睡眠は欠かせないのですね。

 

大人ニキビの予防には睡眠が欠かせませんが、やはり外部ケアをして良質な睡眠をすることでより出来にくくなるので、脂分が毛穴にたまらないような化粧水おすすめニキビ対策ランキングの中から毛穴に優しいケアが出来る化粧水を探してみるとよいでしょう。

 

正しいケアが大切なので、しっかりと基礎知識を学び、思春期ニキビとの違いを把握していくと良いですし、乾燥しているのにニキビができやすいので乾燥肌だと保湿が重要なわけですから、乾燥肌にも効果があるヒアルロン酸配合の化粧水を使用して保湿しながらニキビ予防していくとよいでしょう。

ターンオーバーが低下するとニキビが出来やすい? 記事一覧

ターンオーバーが低下するとニキビが出来やすい? 先頭へ戻る